さいみんくん

日常で使える催眠心理:「同調」して相手の心を開こう

calendar

reload

hands-717520_640

日常や恋愛で役に立つ催眠心理を紹介しよう。

日常で使える催眠心理:「同調」とは

「同調」とは、相手と同じように感じ・合わせていくことである。この同調の中に、細かいテクニックとして「相手の呼吸に同調する(ペーシング)」「相手のポーズを真似る(ミラーリング)」「声のトーンや話すリズムを真似る」「相手を自分のリズムに誘導する(リーディング)」などがある。

日常で特に有効なのは「感情を同調すること」である。相手が悩んでいるのであれば、自分の悩みであるように接し、良いことがあったら一緒に喜ぶのだ。

こうして一旦同調した後に、持っていきたい方向に徐々に変化をつけて誘導する。例えば相手が怒っている場合、まず一旦「それは酷い!」と興奮しながら相手の話を受け止める。その後少しずつ術者側が気持ちを落ち着けていくことで、被験者側の気持ちも落ち着いていくのだ。

優れた催眠術師(セラピスト)ほど同調する能力が高く、相手に同調する精度が高いほど、幅広い人たちをトランス状態に誘導することが出来る。この「同調」は日常会話でも汎用性が高い。「あの人と話していると安心する」と相手の心が開き、一気に親密度が増す。ぜひ使ってみよう。

スポンサーリンク

催眠心理の極意

催眠心理の極意―「同調」して相手の心を開こう