さいみんくん

催眠を掛けたら「完全覚醒」を意識して行おう

calendar

reload

woman-570883_640

催眠を掛けたら「完全覚醒」を意識して行おう。

「完全覚醒」とは解催眠のことで、催眠が解ける暗示を入れることである。

催眠術は、ほっておいても数十分で自然に解ける。しかし被験者が解いてしまうと、催眠術師の威光が下がるし、次からの掛かりが悪くなる。身体と心をスッキリさせるためにも、催眠を楽しんだ後は、必ず「完全覚醒」を行おう。

「完全覚醒」の暗示文

私が今から数を10数えます。数を数えるごとにすっきり、はっきり目覚めます。頭も身体も心もすっきりです。

1,2,3 身体に力がもどってきました

4,5,6 頭から足まで力がみなぎっています

7,8 もうすっかり意識がはっきりしてきました。

9  次に私が10というと、気持ちよく目覚めます。

10! おはようございます。

こんな感じで被験者に言ってあげよう。

スポンサーリンク

催眠術の極意

催眠術の極意―催眠を楽しんだ後は、必ず「完全覚醒」を行おう。