さいみんくん

催眠術を掛けるときに大切なことその2:18歳以下には極力掛けない

calendar

reload

子ども photo

催眠術を掛けるときにまず大切なことをいくつかあげていこう。

その2:催眠術は18歳以下には極力掛けない

年が若ければ若いほど、催眠は掛かりがよい。つまり未成年者子供は、比較的掛かりやすい傾向にある。

掛かりがよいということは、同時にトラブルも生じやすい。大人と違ってどんな反応をするか予測がつかない部分も多く、あとあと親が出てきてクレームを受けたりする場合もある。特に18才以下の未成年者は、親の許可や同席であっても慎重に判断してほしい。トラブル回避のため、ときには催眠術を掛けないという判断が出来てこそ、勇気ある催眠術師といえる。

スポンサーリンク

催眠術の極意

催眠術の極意ー催眠術は18歳以下には極力掛けない