さいみんくん

アンガーマネジメントで人生が変わるー怒りは「I(アイ)メッセージ」で伝えよう

calendar

reload

heart-1450302_640

「アンガーマネジメント」とは、怒りのコントロールする、怒りと上手に付き合う方法である。「アンガー」を感じたときに生み出される言葉や態度に焦点を当てて考えてみよう。

アンガーマネジメントで人生が変わるー「6秒」でモチベーションをチェンジ!【前回の記事はこちら】

http://saiminkun.com/hypno/3311/

怒りをコントロールする「I(アイ)メッセージ」とは

「アンガー」を感じた理由を相手にきちんと伝えると、お互いにストレスがたまりにくい。その際に効果的なのが、「I(アイ)メッセージ」というテクニックである。
「I(アイ)メッセージ」とはアドラー心理学の用語で、話すときの主語を「わたし」にすることである。
例えば仕事の遅い部下に叱るとき、「お前はなんでそんなに時間がかかったんだ!」と言わずに、「(わたしは)あなたに期待していたのに悲しいな」主語をI(アイ)にして伝えてみよう。すると、注意された人は「怒られた」という感覚よりも「(あなたを)悲しませて悪かった」という感情が大きくなり、反省を促しやすくなる。
このように、主語を「I(アイ)」にするだけで、自分の感情を相手にストレートに伝えることが出来る。「I(アイ)メッセージ」を日ごろから意識して使用すれば、自分の感情を表現することにストレスを感じなくなり、ひいては相手との信頼関係につながるわけである。

日頃のちょっとした工夫で、あなた自身のイライラを減らすことができる。ぜひ今日から取り入れてみよう。

※さらにモチベーションをアップしたい方は、催眠心理療法の「マインド・クリエイト」のサイトを参考にどうぞ。

スポンサーリンク

催眠心理の極意

催眠心理の極意ー「I(アイ)メッセージ」で感情を表現してみよう