さいみんくん

催眠技法:凝視法と驚愕法について

calendar

reload

steelwool-458840_640

催眠術を掛ける際によく使われる技法について解説していこう。

凝視法とは

一つのものに意識を集中させ、そこから掛けていく方法である。人はひとつのものに集中すると、思考が低下し催眠状態に入りやすくなる。これを「一点集中の法則」と呼ぶ。凝視法はその性質を活用し、例えば、ライトや炎、指先をじっと見つめさせ、そこから「視野狭窄」「意識狭窄」を起こし、催眠状態に導く手法である。

http://saiminkun.com/hypno/293/

驚愕法とは

注意を向けていた対象を変えるとき、例えば、突然身体に触れられたときなど、意識が変わる瞬間に思考が停止し、暗示を受け取り易い。この性質を利用して、ほんの少し驚かせ、意識の隙間をついて暗示を入れる方法である。あまり大きな声やリアクションをすると、ビックリして催眠が覚めてしまう為、ちょこっと触れる程度で充分効果がある。

スポンサーリンク

催眠術の極意

催眠術の極意―「凝視法」と「驚愕法」について理解を深めよう