さいみんくん

【瞬間催眠法の極意】その5:カウントダウンを使ったテクニック

calendar

reload

girl-1459851_640

人気のある「瞬間催眠法」の秘儀シリーズ。5回目の最後はカウントダウンを使った方法についてご紹介しよう。

http://saiminkun.com/hypno/2403/

【瞬間催眠法 その5】:カウントダウンを使ったテクニック

time-425818_640

カウントダウンを使ってさらに深めてみよう

筋肉の緩み具合や反応の仕方で催眠の深まり具合を確認した際、ちょっと緩みが足りないな、と感じることがある。例えば、初めて瞬間催眠を体験する被験者は緊張している場合が多い。身体の緩みが足りないということは、催眠現象が起きる深度に達していないと見極め、このまま催眠術をかけても失敗する可能性が高い。
その場合、「私が10数えると、さらに深く気持ち良い世界に入りますよ。」前暗示を入れ、カウントダウンを行ってみる。瞬間催眠というより、瞬間催眠で深度が足りなかった場合の、さらなる追加技で使うとより効果的である。

深化法についての前回の記事はこちら

http://saiminkun.com/hypno/1861/

カウントダウンを使ってより成功率を高めるには

カウントダウンを入れると、一気に弛緩して前へ倒れる被験者も多い。必ず被験者の安全確保を第一に、ケガのないように支えてほしい。
またカウントダウンを行う際、声に緩急をつけることで、被験者の無意識を揺さぶり入りやすくなる。「10,9,8,7,6,5,4,3,2,1,0,すうっと力が抜けていきます」と太字の数字を強めに言うと、カウントダウンの声で緊張と弛緩を繰り返すことが出来る。小さな努力でより大きな効果を得るために、催眠術は常に工夫が必要である。

※「瞬間催眠法」を極めたいあなたは「上級コース」ステップ2へ

スポンサーリンク

催眠術の極意

催眠術の極意ーカウントダウンを活用して、より催眠を深めてみよう