さいみんくん

【瞬間催眠法の極意】その1:腕や手、肩に軽く刺激を与えて引き落とす

calendar

reload

hair-1450045_640

「瞬間催眠法」にはどんなすごいテクニックが隠されているのか、秘儀を求める人のために、数回に渡っていくつかのパターンを紹介しよう。

「瞬間催眠法」での重要なポイント

瞬間催眠法で重要なポイントは、「タイミング」「間」「見極め」である。短時間で催眠状態を深めたい、一気に落として暗示を入れたい場合に使われることが多い。特に催眠現象の段階が変わるとき(例えば感覚支配から記憶支配に深めたい場合など)には大変有効なテクニックである。

【瞬間催眠法 その1】:腕や手、肩に軽く刺激を与えて引き落とす

前回、よく見かける「瞬間催眠法」として5パターンに分類した中で、今回は「腕や手、肩に軽く刺激を与えて引き落とす方法」を紹介しよう。
http://saiminkun.com/hypno/2403/
最初に言っておくが、「瞬間催眠法」のフォーム自体は極めて地味なものである。形よりも、その方法にたどり着くまでの過程や、適切なタイミングでの使い方を理解しよう。
催眠術は、入りと出を明確にする為に「指を鳴らす」「手を叩く」「肩に触れる」などの刺激のスイッチが使われる。「私が○○すると、あなたは××になりますよ」と前暗示を与えた上で、刺激のスイッチを入れて催眠現象を引き起こす。つまり、前暗示の段階で「術師が刺激を与えると、あなたは一瞬で催眠状態になります(力が抜けます)」と明示した上で、「腕や手、肩に軽く刺激を与えて引き落とす」という刺激のスイッチを与えるわけだ。特に初めて瞬間催眠を体験する方には、どういう状態になるのかをはっきりと明示した方が、よりスムーズに入りやすい。
何度かその状態を繰り返すと、脳が瞬間催眠を学習し、何も言わなくても刺激のスイッチを入れるだけで一瞬で催眠状態に落ちる。テレビや動画ではこの部分だけをクローズアップして映す
ため、魔法や秘儀に感じるわけだ。

「腕や手、肩に軽く刺激を与えて引き落とす」メリット

催眠中の被験者の安全や身体の状態は、全て催眠術師に預けてもらう。呼吸、意識状態、弛緩具合など、いわば手術中の麻酔科医のような状態である。「腕や手、肩に軽く刺激を与えて引き落とす」メリットは、弛緩した被験者の安全確保がしやすく、状態を観察しやすい点である。

「腕や手、肩に軽く刺激を与えて引き落とす」際の注意点

安全確保を第一に、被験者の負担が少ない落とし方を意識してほしい。周りにぶつけるものがないか、充分に配慮し、術師のポジションも座ったままでなく、斜め右より一歩入ったところで立つと、被験者が倒れた時に力を入れて支えやすい。
また被験者の性別や体格によって、引き落とす際の刺激の強さを配慮しよう。骨格の細い女性を引き落とす際は、刺激を緩めに、体格の良い男性を引き落とす際は、強めの刺激で引き落とすなどを調節をしてみよう。

※「瞬間催眠法」をさらに極めたい方は「上級コース」ステップ2へ

スポンサーリンク

催眠術の極意

催眠術の極意―「瞬間催眠法」を極め、催眠術を極めよう