さいみんくん

「エージェントWEST!」でジャニーズWESTの神山智洋が催眠術に挑んだ様子を催眠術師が超本気で解説する!【※動画更新あり!※】

calendar

reload

og

「エージェントWEST!」11月5日(土)深夜1時15分~朝日放送 で、ジャニーズWEST神山智洋「誰でも催眠術師になれる禁断のマニュアルを学び、催眠術を習得せよ!」のミッションで禁断の催眠術に挑んだ様子を、現役の催眠術師:カイトが超本気で解説する。

第27回「エージェントWEST!」放送内容について

cm8b7vyuiaanbke

番組名:「エージェントWEST!」
放映:朝日放送 番組紹介はこちら
日時:11月5日(土)深夜1時15分~オンエア済
内容:ジャニーズWESTが毎回ミッションに挑むバラエテイー番組

ジャニーズWESTの7人が関西の平和を守るために、スパイ組織のエージェントにふんして毎回ミッションに挑む。今回はエージェントの一人、神山智洋「誰でも催眠術師になれる禁断のマニュアルを学び、催眠術を習得せよ!」というミッションに立ち向かい、催眠術に挑戦。果たして催眠術はかかるのか?そして、神山智洋は催眠術師になれるのか!?

【※動画あり※】催眠術のデモンストレーション後、いよいよ催眠誘導へ

https://youtu.be/0AspduSS2JM

まずは、ジャニーズWEST神山智洋が謎の催眠術師のアジトに訪問し、催眠術にかかる様子を実際に確認する。男性の被験者に次々と催眠術をかけていく催眠術師。ヤラセの疑いが晴れないため、番組側が用意した部屋で、今度はガチンコで神山智洋にかける!

「ジャニーズWEST」神山智洋にかけた催眠術をガチで検証する

その1:指がくっつく(フィンガースティック)誘導

「両手をグッと握って下さい」

「人差し指を立てて、間を3cmほど開いて下さい。私が指を離すと、人差し指がくっついていきますよ」

「ほら、すうっとくっつく。」という流れである。

いわゆる「観念運動」と呼ばれるもので、タネを明かすと、催眠術ではない。「催眠術に掛かったかもしれない?」と催眠認識を誘発させるには大変有効であり、さらには「被暗示性テスト」「被験性テスト」として見極めにも応用できる。

指がくっつく(フィンガースティック)について:前回の記事はこちら

http://saiminkun.com/hypno/1076/

その2:拳のカタレプシー【被験性テスト・運動支配】

そのまま続けて、拳のカタレプシー神山智洋に行う。残念ながら、手は開いてしまい失敗となる。

「カタレプシーの見極めと極意」について:前回の記事はこちら

http://saiminkun.com/hypno/1230/

催眠術師カイトから一言

催眠術をかける瞬間、催眠術師が「今日、何時に起きました?」と神山智洋の注意をそらしている。意識をそらした瞬間に隙間が出来るため、驚愕法と組み合わせ「開かない」という暗示が入りやすくなる。プロ催眠術師ならではのテクニックを使った催眠術のかけ方である。
手は開き、催眠現象としては失敗に終わったが、ここで催眠術師はある「見極め」を行っていた。神山智洋手の開き方「催眠術の掛かりやすさを見極める4つのパターン」で紹介した

3.ゆっくりと開くパターン

被験性は低めだが、開きにくい手の感覚は感じている。ゆっくりと感覚を感じながら開く人は誘導に協力的であり、掛かろうという気持ちは大きい「カタレプシー」は起こらなくても、他の誘導を工夫して行なえば、掛かる可能性が充分にある。諦めずに次の誘導を試してみよう。

であった。最後まで観察し、見逃さないのがプロの催眠術師である。

「意識の切り替えを利用したかけ方」について:前回の記事はこちら

http://saiminkun.com/hypno/1600/

その3:「風船が膨らんで手が開く」誘導【被験性テスト・被暗示性テスト】

今度はイメージ力を利用して、両手に挟んだ「風船が膨らんで手が開く」誘導を行う。神山智洋の両手は、大きく外側に開く結果となった。

催眠術師カイトから一言

先の「拳のカタレプシー」が失敗しても、何事もなかったかのように次の誘導を進めている。これが簡単なようで、実は一番難しい。催眠術は続けて2度失敗すると、一気にかかりが悪くなってしまう。1回目失敗すると、次は全く違う催眠術にトライするか、かける方法を変えるかを選択する必要がある。被験者がどういったパターンでかかるのか(もしくはかからないのか)を見極め、2回目は確実に現象を起こさなくてはならない。催眠術師側は焦らず、失敗から見極め、次の誘導に活かす必要がある。
さらに、神山智洋の両手の開き方に注目しよう。手のひらが外側に向いた開き方である。この開き方をする人は、間接暗示で誘導した方がスムーズにかかる場合が多い。

「間接暗示」について:前回の記事はこちら

http://saiminkun.com/hypno/633/

その4:イスから立てない誘導【運動支配】

深化法を加えた後、今度は「イスから立てない」誘導を行う。結果は見事に成功、神山智洋はイスから立てなかった。

催眠術師カイトから一言

「イスから立てない」を言葉で追い込むと同時に、催眠術師は手で「立てない」のジェスチャーを加えている。いわゆる「非言語の暗示」であり、催眠現象の成功率を上げるポイントになる。神山智洋「催眠術にかかりやすい」タイプではない。それでも立てないという催眠現象を起こした催眠術師は、さすが見事な見極めであった

https://youtu.be/ZBOrdX2u4cM

その5:催眠術師から禁断のマニュアルを学び、催眠術をかける神山智洋

催眠術師の先生から「誰でも催眠術師になれる禁断のマニュアル」のレクチャーを受け、今度は神山智洋が一般の方に催眠術をかけていく。

  • 拳のカタレプシー
  • イスから立てない
  • 名前を忘れる
  • 好きな芸能人に会える

など、次々と催眠術を成功させる神山智洋。見事、催眠術の習得である。

その6:メンバーの中間淳太に催眠術をかける

今度はスタジオで、ジャニーズWESTのメンバー:中間淳太に催眠術をかける。

  • 五円玉の振り子
  • 拳のカタレプシー
  • イスから立てない

を他のメンバーの目の前で成功させ、いよいよ大技:わさびがキウイフルーツの味になる【味覚変換】に挑戦!結果は失敗に終わる。

催眠術師カイトから一言

感覚支配の味覚変換は、かかる人とかかりにくい人がはっきりした催眠現象である。運動支配から続けて行うのではなく、いったん深化法を挟みしっかりと催眠状態を深めた上で、暗示文を工夫すれば、成功の可能性が高まる。

「催眠術を学ぶための禁断のマニュアル」は確かに存在する。今回登場した催眠術師から直接催眠術を学んでみたい、ちょっとだけ催眠術を知りたいあなたも

こちらをクリック⇒ 催眠術師養成スクール「マインド・クリエイト」

【参照ネタ元】「エージェントWEST!」朝日放送 2016年11月5日放送分

(※画像と内容は朝日放送「エージェントWEST!」より引用しています)