さいみんくん

成功する催眠術の掛け方その9:催眠術の基本は「リード」である

calendar

reload

hand-1620466_640

催眠術の基本はペース&リードを繰り返すことだが、今回はリードについて考えてみよう。

催眠術における「リード」という考え方について

http://saiminkun.com/hypno/659/

前回、「リーディング」とは、相手の感情や思考をこちらの意図した方向に誘導する(リードする)ことであると紹介した。
興味・関心を高める誘導、および催眠誘導の前提は、催眠術師のリードを被験者の無意識に受け入れさせることである。

例えば、催眠術師は「このように動いていきます」と言いながら、身振りやジェスチャーで実際の動きを示すことがある。これがリードであり、「私と同じ動きをしてください」という非言語的な暗示も含まれている。

「この指先をじっと見てください」

「これらを持ち上げてください」

「こんな風になっていきます」

よく催眠術師が使う言葉だが、実は説明をしている段階でリードを含ませ、誘導を行っている。

催眠は潜在意識に対する学習づけであり、相手の無意識下に気付かれないようにアプローチする。ポイントは、気付かれないように隠そうとするのではなく、堂々と誘導を行ってほしい。自信たっぷりなリードで相手の信頼を得ると、一気に掛かりが良くなるためだ。

相手よりほんの少し先に、動きを付けたリードを繰り返す誘導の基本テクニックをしっかりと身につけよう。

スポンサーリンク

催眠術の極意

催眠術の極意―自信たっぷりなリードで、相手を導こう