さいみんくん

日常で使える催眠心理:「パーソナルスペース」を使いこなし、相手と仲良くなろう

calendar

reload

flower-1608283_640

巷で耳にする「パーソナルスペース」という言葉を、今回はさらに深く学んでみよう。

催眠心理における「パーソナルスペース」とは

アメリカの心理学者エドワード・ホールという学者が提唱したものだが、基本的に人間は自分の領域「パーソナルスペース」というものを持っており、この距離を超えて誰かが入ってきたりすると、イライラしたりストレスが溜まったりする。いわば縄張り意識ことである。

この領域というのは、大まかに4種類に分けられる。

1

親密な関係45cm以内 家族・恋人などとの身体的接触が容易にできる距離

個人的関係45~120cm 友人などと個人的な会話を交わすときの距離

社交的関係120~360cm 同僚と一緒に仕事をするときなどの距離

公式的関係360cm以上 公的な人物と公式的な場で対面するときの距離

※あくまでも一般的な目安である。社交的な人は、パーソナル・スペースが全体的に狭くなるし、 逆に、内向的な人はもっと広くなる傾向がある。

面白いことに、パーソナルスペースは男女では形と大きさに微妙な違いがある。 男性は楕円形で前と後ろに長く横幅が狭い女性は円形で半径はほぼ一定である。 男性は前方に人が立つと、威圧感を感じ、落ち着かなくなるのは、このせいかもしれない。

1302513619clinic02_02

「パーソナルスペース」を恋愛で活用するには

仲良くしたい異性に対して、この「パーソナルスペース」を活用すると、より効果的である。恋人の領域と言われる45cm以下の至近距離に入ると、意識的に相手をドキドキさせることができる。物理的距離を詰めることで、相手との心理的距離も縮めてしまうのだ。

相手が女性の場合、に座ることがおすすめである。男性のパーソナルスペースは前方に長いので、隣に座ることで自分のスペースを侵害せずに女性のパーソナルスペースに入り込むことができる。会話をするときは歩きながら、横に並ぶとなお良い。

相手が男性の場合、対面で座るとよい。男性は女性に比べて前方に伸びているので、前に座ると自分のパーソナルスペースを侵害せず、相手のパーソナルスペースに入り、意識させることが出来る。

相手が自分のことをどう思っているかを確認するテクニック

相手が自分のことをどう思っているか確認するには、「相手のパーソナルスペースに1歩踏み込む」とよい。ちょっと近いかな?という距離で話しかけてみよう。もし相手が違和感を感じたら一歩後ろに下がり、問題なければそのままの距離を保ち、受け入れてくれる。相手との距離や意味を理解し、パーソナルスペース恋愛でも大いに活用してみよう。

スポンサーリンク

催眠心理の極意

催眠心理の極意―「パーソナルスペース」で心の距離を縮めよう