さいみんくん

日常で使える催眠心理:「VAKモデル」を基準とした優位感覚を知ろう

calendar

reload

child-659283_640

「VAKモデル」とは、NLPの考え方で、五感で感じるものを3つのモデルに分類したものである。

催眠心理における「VAKモデル」について

「VAKモデル」では、視覚・聴覚・身体感覚の3つに分類され、それぞれの用語の頭文字をとったものである。

V(Visual)・・・視覚
A(Auditory)・・・聴覚
K(Kinestic)・・・身体感覚

人によって優位感覚が存在し、どの感覚を強く感じるかは、人によって様々である。相手に話しかけるとき、説明をするとき、理解を求めるとき、相手の優位感覚を知っておくと、よりダイレクトに、スムーズなコミュニケーションが可能となる。

催眠心理における「優位感覚」の特徴について

視覚タイプの特徴

・話すときは早口で、「見る」「観察する」「イメージする」
「目」「明るい・暗い」など、視覚に関する言葉をよく使う。
・手や指を細かく動かしながら、身振り豊かに話すことが多い。
・何かを考えたり思い出す時、上の方向を見ることが多い。
・「色」ついても知識豊かで、見た目や服装にこだわりがある。

視覚優位の方には、絵や写真などを見せながら話すと、スムーズにコミュニケーションが取りやすい。

聴覚タイプの特徴

・話す言葉は耳障りの良い言葉を使う。「聞く」「話す」「耳」
「音・リズ ム」「静けさ」「声」など、音に関する言葉をよく使う。
・ロジックな考え方が特徴で、話し方が慣れている
・騒がしいところでは気が散り、「静けさ」を好む傾向にある。
・何かを考えたり思い出す時、左右どちらかを見ることが多い。

聴覚優位の方には、相手の話すスピードやリズムに合わせながら、言葉で表現しながら話を進めていくと理解しやすい。

身体感覚タイプの特徴

・ゆったり落ち着いた話し方が特徴で「感覚」「感じる」「触れる」など、
 触感に関する言葉をよく使う。
・言われたことを身体に落とし込んでから話すので、会話がワンテンポ
 遅れることがある。
・手や体を動かしながら学ぶと理解が深まりやすい、ダンスや身体を
 動かすことを好む傾向にある。
・何かを考えたり思い出す時、やや下向きを見ることが多い。

身体感覚優位の方には、ゆっくり話を進め、商品や説明したいものを触ってもらうなど、実際に体験してもらうことでスムーズにコミュニケーションが取りやすい。

「VAKモデル」の中で、どのタイプが優れているというわけではない。視覚・聴覚・身体感覚それぞれのレベルを全て上げることで、対人能力そのものが上がるため、全ての感覚をまんべんなく鍛えることが理想である。自分自身のVAKタイプを把握し、相手の優位感覚を知った上で、お互いの表現方法をすり合わせることが出来れば、今以上に人間関係がスムーズになる。ぜひ活用してみよう。

スポンサーリンク

催眠心理の極意

催眠心理の極意―「VAKモデル」から自分と相手の優位感覚を知ろう